記念のためなら撮っておこう!!衣装やロケーションも選べるよ!!

お金はかかるが記念の写真は残しやすい

結婚をするとき、結婚式を挙げるでしょう。結婚式では新婦はウェディングドレスを着ます。ウェディングドレスは女性の憧れでもあるので、最もきれいな状態で写真に残したいでしょう。通常は結婚式の当日にカメラマンなどに撮影してもらいます。式前や式の途中、また式が終わった後に撮影してもらいますが、撮影のための時間はあまり取れません。そこで行うのが前撮りです。結婚式と別の日に新郎新婦が衣装を着てカメラマンに撮影してもらいます。貸衣装を利用したり特別な会場を借りたりします。カメラマンも拘束するので、前撮り用の費用が別途かかります。ただ時間が十分にあるので、記念の写真を残しやすくなります。背景なども考慮して撮影してもらったりもできます。

せっかくならいろいろな衣装やロケーションで撮影

結婚をしたときの写真としては、新郎新婦が結婚式の衣装を着て撮影したものが一般的です。当日に撮影したり、写真館などで撮影するときもあります。写真館での撮影はワンショットで、いろいろな衣装を着たりロケーションを変えての撮影などは行いません。それ以外にあるのが前撮りです。結婚式の前に、より記念に残る写真を撮影するために依頼をします。写真館に依頼をしたり、カメラマンに依頼したりします。写真館であれば、自分が持っている衣装の他にいろいろな衣装を用意してくれます。その他利用する結婚式場で行うときもいろいろな衣装が借りられる可能性があります。ロケーションを意識した撮影もできます。海辺での撮影や森の中、記念の場所での撮影などができます。

前撮りとは、成人式や結婚式などの行事本番よりも前に、フォトスタジオなどで写真を撮ることです。ヘアセットやメイクをプロの方にお任せできるので、思い出を綺麗に残すことができます。