基本は大型ホテルの利用が多い

挙式・結婚式にはいくつかの形式があります。キリスト教式、神道式、人前式などがその例です。どの形式を選択するとしても、大型ホテルであればそれぞれの形式に対応した設備があるので利用者が多い傾向にあります。また、大型ホテルのメリットとしていろいろな部屋が用意されている点もあげられます。結婚式の規模の大小を問わず対応できるのです。結婚式専用の商業施設もあるので、そちらを利用してもかまいません。どの会場を利用するとしても、現地を見学できる機会があればぜひ参加してください。「ブライダルフェア」などの名称で、料金プランの説明と設備の見学を兼ねたイベントが開催されています。こうしたイベントでは施設のスタッフに質問する機会も得られるので、ホームページなどで情報を集めるよりも疑問点が少なくなるはずです。

結婚式は本物の教会でもできる!

キリスト教式で結婚式をあげる場合、ホテルなどにある施設は「教会風」の建物であることが通例です。教会風の建物でも結婚式にはまったく問題はありませんが、本物の教会でも結婚式ができることを覚えておいてください。本物の教会で結婚式を行う場合、新郎新婦の両方またはどちらかがキリスト教徒であることが条件になることがあります。また、教会はあくまでも信仰の場なので、ホテルのように披露宴に使える部屋が隣接していない場合もあります。教会と披露宴会場への移動や個別の予約が必要になる可能性があるのでじっくり検討してください。なお、海外の教会で結婚式を行うことも可能です。その場合、自分で手配することはもちろん可能ですが、外国語に不安があるなら海外ブライダルをサポートしてくれる企業を利用すると負担が少なくなります。

名古屋の結婚式場では、チャペルウエディングに対応している式場も多く存在し、チャペルの雰囲気や演出内容などにこだわりながら選べます。