婚約指輪の価格の相場や準備するタイミング

婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚指輪は結婚する二人が式において二人の誓いの証として交わされるものです。そのため結婚指輪はペアで用意するものです。結婚式の時にお互いが交わす物なので、渡すタイミングは結婚式の時になります。結婚指輪は日常的に薬指につけて生活する事を前提とするので、デザインは控えめでシンプルな物を選ぶ事が多いです。

一方で婚約指輪は結婚式ではなく、婚約をした時に男性から女性に婚約の証として贈られる指輪です。婚約時の記念の指輪という意味合いが強いので、結婚指輪と比べると派手なデザインのパーティーなどにつけていくような指輪が選ばれる傾向があります。

婚約指輪の相場と渡すタイミング

指輪の相場はその人の収入によっても変わってきますが、一般的には結婚指輪が一つ10万から15万ほどでペアで20万から30万ほどです。一方で婚約指輪は男性から女性に贈られるので、一つだけですが30万円前後が平均的な金額になります。これは大体給料の一ヶ月分より少し多いくらいの金額になります。

婚約指輪を渡すタイミングは明確に決まっている訳ではありませんが、結婚式の半年ほど前には結納や顔合わせがあるので、その時までには渡しておくのが一般的です。顔合わせのや結納の直前ではなく、その2、3か月前に渡しておいた方が良いので、婚約指輪を用意するタイミングは結婚式の10カ月ほど前が良いです。人によっては婚約指輪を渡す時に指輪と一緒にブレスレットやピアスを渡すという人も少なくありません。

プロポーズをサプライズで演出するものの代表的なものがフラッシュモブです。実際にフラッシュモブをしている動画はインターネットで探せば見つかるので参考にしてみましょう。