婚約指輪と結婚指輪、それぞれ値段はどれくらいが相場?

結婚指輪よりも高めのものを

婚約指輪は、プロポーズの時に男性が女性に渡す特別な指輪です。値段は10万円から30万円の範囲内から選ぶ人が多いという調査結果が出ています。昔よく言われていた、「婚約指輪は月収の3倍」という話と現実は違っているんですね。結婚指輪と比べるとはめる機会は限られがちですが、最近はエンゲージカバーセレモニーという婚約指輪を使った挙式演出も広まっています。デザイン面でも結婚指輪と重ね付けを前提に考えられているものも増えてきました。男性は値段が高ければ高い方がいいのかと思いがちです。しかし、女性側にアンケートを取ると、値段よりも婚約指輪をくれるという行為を重視する人が多く見られます。大事なのは値段よりも相手を思う気持ちなんですね。

現実的な視点で選ばれるのが特徴?

結婚指輪は日常的に身につけるものなので、デザインも婚約指輪に比べると控えめですし、価格もそこまで高くありません。10万円から20万円が相場のようです。実際にジュエリーショップでは10万円くらいの結婚指輪が中心なんですよ。20万円以上の高い結婚指輪を選ぶカップルはそこまで多くありません。指輪選びの基準としてはデザインが重視される傾向が強いですが、それとは別に普段つける時に不便さはないか、という点も判断材料にしているカップルが多く見られます。傷が付きにくい素材かどうか、家事や仕事をする時に指輪がひっかからないか、指にスムーズにはめられるかなどの点をチェックするようにしましょう。

婚約指輪は月給の3か月分というのはほとんど昔ばなしとなっており、現在では20万円から40万円というのが相場といわれています。値段に惑わされずに長く愛用できるデザインを探すことです。